トリミング

ワンちゃんに負担の少ないお手入れを心がけています

いぬくらではお預かりしたワンちゃんに負担の少ないお手入れを心がけています。

手間のかかる作業ですが、シャンプーの前に毛を丁寧に解きほぐし、もつれや皮膚の状態を確認しながらワンちゃんの体調や気分を観察して、その後の作業に取りかかります。

きれいに可愛くすることはもちろんですが、健康管理としてのトリミングも大切なことですので、毎回トリミングの様子や気づいたこと、ワンちゃんの変化等、トリミングレポートでお知らせします。

ワンちゃんの負担となる無理なトリミングを避けるため完全予約制とさせていただいております。どうぞご理解ください。

1.ご来店

初めてのお客様にはカルテをご記入いただきながら、ワンちゃんの日ごろの様子、性格、病気等についてお聞かせいただきます。

また、混合ワクチン、狂犬病ワクチンの証明書をご提示いただいております

↓

2.カウンセリング

当日のワンちゃんの体調やお好みのスタイルやお迎えの時間等を確認します。

↓

3.トリミングスタート

台の上でワンちゃんとご挨拶して、体や皮膚、毛の状態のチェックをします。

ブラッシングをしながら毛玉やデスコートやほこりを取り除きます。シャンプーの前にブラッシングをすることはワンちゃんの苦痛を大幅に軽減します。

↓

4.イアーケアー

耳の毛がある子は毛を抜き、イアーローションで耳道、外耳を拭きます。

↓

5.シャンプー

ドッグバスで肛門腺を絞り、体全体にお湯をいきわたらせて下洗いします。

ワンちゃんの皮膚の状態にあったシャンプーをよく泡立て、体全体を予洗いします。

予洗いで毛や皮膚の表面の汚れをさっと落として、お湯で洗い流して、本洗いに入ります。

本洗いではしっかりと泡全体を体にまとわせ、地肌から優しく洗い上げます。

シャンプー後はしっかり洗い流し、コンディショナーで毛をケアした後しっかりすすぎ、タオルドライします。

↓

6.ドライング

ドライヤーで体を乾かし、それぞれのワンちゃんに合ったブラシでドライヤーの風をいきわたらせながら乾かし整えます。

↓

7.足裏バリカン、爪切り、お腹、肛門まわりのバリカン

安全で清潔に保つためにお手入れします。また、シャンプーで浮いてきた耳の汚れもここで拭き取ります。

↓

8.カット

ワンちゃんの種類、オーダーに合わせてはさみ、クリッパーでカット、クリッピングしていきます。

↓

9.最終チェック

全体のバランスをチェックし、カットした毛を落とし出来上がりです。

↓

10.お返し

オーナー様にワンちゃんをお引き渡しします。

気になる点がございましたら、お直しいたしますので遠慮なく申し付けください。

台の上でワンちゃんがじっとしている状態と歩いたり走ったりしている状態では毛の流れも違いますので、目にかかったり毛のクセが出たりすることもあると思います。
トリミング後1週間以内のお直しは無料でお受けしておりますので、どうぞお知らせください。

トリミングレポートをお渡しして、ワンちゃんの頑張った様子、トリミングをしながら気になったことをお伝えします。

トリミング後2時間までのお預りは無料です。
2時間以降は「一時預り」の料金を適用させていただきます。 一時預り詳細はこちら